5問で中学校英文法の復習

中学校での英文法問題を5問挑戦して、翌日に解答・解説を読んで、少しずつ力をつけていこう。

WH疑問詞の復習~what④

おはようございます。

今回は、what が主語の場合について疑問文を確認しましょう。

 

WH疑問詞 what  が主語になる時

以前<WH疑問文の2つのルール>を取り上げました。

(※WH疑問詞の復習~what②で言及)

その中では、

①WH疑問詞は必ず、文頭に来ること

②基本的に、WH疑問詞+疑問文?の形であること

ということを言っていました。

 

それが、「what が主語となる」と

①のルールは変わりませんが、

②のルールが少し変わります。

 

すなわち、WH疑問詞(ここでは、what)が主語の場合、

②のルールは、WH疑問詞(主語)+動詞+~?の形となるのです。

 

WH疑問詞が主語の場合にも対応できるように、

ルールを微調整するとこうなります。

<WH疑問文の2つのルール~改訂版>

①WH疑問詞は必ず、文頭に来ること

②語順は、基本的にWH疑問詞+疑問文?の形であること

ただし、WH疑問詞が主語の場合は、WH疑問詞(主語)+動詞~?となる

 

さらに具体的に知りたい人は、下記の記事を参考にしてください。

www.eigonomoto.com

 

それでは、今日の5問へ。

 

今日の5問

それでは本題に入ります。

 

下記の英文の下線部をたずねる文をつくりなさい。

That accident changed my life.

The movie makes a lot of girls very sad.

A big earthquake happened last night.

Math is the most interesting subject for Kim.

⑤ There is a cat in the box.

 

今回はここまで。

明日の朝に解答をアップします。