5問で中学校英文法の復習

中学校での英文法問題を5問挑戦して、翌日に解答・解説を読んで、少しずつ力をつけていこう。

一般動詞とbe動詞の違い~基本編①

おはようございます。

進行形の復習を終わりまして、
今回から、一般動詞とbe動詞の違いを確認していきたいと思います。

 

英語学習の最初の関門

中学校の1学期は、
学習内容も少なく、テストもよかったという人は
結構多いと思います。

それなのに、
be動詞と一般動詞が混同して、テキストに
出てくるようになると、
一気に生徒の理解度は低くなります

それでも、
時間は待ってくれないので、
先生方はどんどんレスンを進んで行く、といったような
経験をした人もかなり多いと思います。

英語学習の最初の関門は、
be動詞と一般動詞の区別
そしてその次の関門は、
三単現ということは、一般的に言えると思います。

 

今回は、その基本編として、
これから、5つの日本文を提示しますので、
その日本文を英語にする時、一般動詞を使うのか、
be動詞を使うのかを考えてみてください。

 

それでは、挑戦です。

 

今日の5問です。

次の日本文を英語にする時、動詞は何を用いますか。
その動詞の部分だけを英語で答えなさい。

 

①私はその時学校にいました。

②エミは上手にバスケットボールをします。

③あなたはピザが好きですか。

④ケンは、納豆が好きではありません。

⑤あなたはとてもやさしい。

 

今回はここまで。