5問で中学校英文法の復習

中学校での英文法問題を5問挑戦して、翌日に解答・解説を読んで、少しずつ力をつけていこう。

助動詞の復習~should

おはようございます。

今回は、
意外とよく使われる助動詞 should について確認します。

 

助動詞 should の確認

・助動詞 should は、語学的に言うと
shall の過去形なのですが、中学生レベルではそんなことを
気にせずに、基本的なニュアンスをしっかりと覚えるようにしましょう。

 

should +動詞の原形:「~すべきである、~したほうがよい」

※ should は「義務や当然の行動」を表す助動詞なのですが、must のような「強制したり・命令するような」ニュアンスはありません。どちらか言えば「アドバイスするような感覚で使われる助動詞です。

【肯定文】should +動詞の原形
ex.1 You should see a doctor right now.
(今すぐお医者さんに診てもらった方がいいよ。)

【否定文】should not ( shouldn't ) +動詞の原形
ex.2 We shouldn't eat too much.
(食べ過ぎてはいけません。) 

【疑問文】Should +主語+動詞原形 ~ ?
ex.3 Should I ask the teacher for advice?
(先生にアドバイスを求めた方がいいですか。)
-答え方:Yes, you should. / No, you shouldn't.

今回はこの should について問題で確認します。

 

今日の5問です。

次の日本語を(  )内の語数で英語にしなさい。
 
①あなたはここで買い物をした方がいいですよ。(5語)

②病院で騒いではいけません。 (7語)
※ you, noisy を用いて
 
③(私は)英語を勉強するためにアメリカへ行った方がいいですか。 (8語)
※ the USA を1語として

④(私は)最初に何をするべきですか。(5語)

⑤※④の答えとして:
駅でバスに乗った方がいいと思います。 (10語)

 

今回はここまで。