5問で中学校英文法の復習

中学校での英文法問題を5問挑戦して、翌日に解答・解説を読んで、少しずつ力をつけていこう。

比較について~2つのもの・人①同程度その1

おはようございます、の予定が、「こんにちは!」です。

雪かきのため、朝に記事をアップすることできませんでした。
すみませんでした。

ということで、本題に入ります。

助動詞は、
前回でいったん終了で、
今回は比較について復習していきたいと思います。

比較にも、
様々な表現があって、なかなか整理するのも
難しいのですが、少しずつていねいに扱っていきます。

「比較」の最初は、
「2つのもの・人」が同程度の場合の表現についてです。

比較~2つのもの・人が同程度の場合の表現

 

・2つのものや人を比べて、同程度の場合は、
as ~ as という表現を使います。

as 形容詞 / 副詞 as +【比較される対象】

形容詞とは
- 基本的に日本語では「~い」で終わる名詞を説明する言葉
☞ high , tall, long, beautiful, cold, large, など
副詞とは
・基本的に日本語では「~く」で終わる名詞以外のものを説明する言葉
☞ fast(速く), well(上手に)、hard(一生懸命に)、early(早く)など

このような「形容詞」や「副詞」を as ~ as で挟み込むことで、
「同じくらい~だ」という意味になります。

【肯定文】as 形容詞 / 副詞 as 【対象【対象】と同じくらい 形容詞 / 副詞 だ
ex.1   English is as diffiuclt as math.・・・形容詞 difficult 「難しい」の場合
(英語は数学と同じくらい難しい。)
ex.2   I can run as fast as you.・・・副詞 fast 「速く」の場合
(私はあなたと同じくらい速く走ることができる。)

 

【否定文】not (~) as 形容詞 / 副詞 as 【対象】【対象】ほど 形容詞 / 副詞 ではない
ex.1  Ken is not as tall as Tom.・・・形容詞 tall「(背が)高い」の場合
(ケンはトムほど背が高くない。)
ex.2  I can't swm as well as Emi.・・・副詞 well「うまく」の場合
(私はエミほどうまく泳げない。)
※as ~ as の否定文は、その「意味」に注意してください。

【疑問文】それぞれの英文の疑問文の形にします。
ex.1  Is Tim's bike as new as Bob's?・・・形容詞 new「新しい」の場合
(トムの自転車はボブのものと同じくらい新しいですか。)
ex.2  Does John get up as early as his mother?・・・副詞 early「早く」の場合
(ジョンは彼の母と同じくらい早く起きますか。)

それでは、この as ~ as の表現を問題で確認しましょう。

 

今日の5問です。

①~⑤の日本語を(  )内の語数で英語にしなさい。

 

① この本は、あの本と同じくらいおもしろい。(8語)
※one を用いて

②ジャック(Jack)は、ジョンほど背が高くない。(7語)

③あの建物は私の家と同じくらい古いのですか。(8語)

④私はあなたと同じくらい速く英語を読むことができます。(8語)

⑤トムは、ケンほど上手にバスケットボールができない。(9語)

 

今回はここまで。